気持ちを伝えるメッセージ広告で売上げアップしよう

白澤伊幸です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

もし、あなたがビジネスをやっていたら、商品の広告を作る際に、こんな悩みはありませんか?

何を書いていいかわからない…
少し書いては消してを繰り返す…
書いてはみたものの、反応はイマイチ…

そんな状態でしたら、、、
この続きを読んで、広告への考え方をアップデートするといいでしょう。

まず、ビジネスで売上をアップするには広告が欠かせません。
実は、効果的な広告には共通点があります。

それは、広告メッセージで気持ち(感情)を伝えているという点です。

白澤伊幸

気持ちを伝える?

どういうことかと言いますと、広告の受け手である顧客に刺さるメッセージは、ただ情報を伝えるだけでは不十分なのです。

顧客の心に刺さるメッセージには、情報だけでなく顧客の感情に訴えるものが無くてはなりません。
なぜなら、人間は感情が動いた時に購入する生き物だからです。

詳細を知りたい方はこちらの記事もご参考にしてください。
人は「感情」で買う
https://royal-shira.com/skillup/buy-with-emotion/

白澤伊幸

例えば、売れる広告のキャッチコピーには、顧客の悩みや欲求に寄り添い、解決策などを提供するような表現が用いられています。

顧客は「自分のことを分かってくれている」と感じて、メッセージを受け取りやすくなり、購入に結び付いていくのです。

つまり、あなたもこの様なメッセージを作ることができれば、ビジネスでの売上アップができるでしょう。

今日はそんなお話をしますが、まずはメッセージ=文章とは何なのか?について改めて確認しましょう。

文章は気持ちを伝えるもの

白澤伊幸

文章は単なる文字の羅列ではなく、私たちの感情や思いを伝える大切な手段です。そして、同じ情報を伝える文章でも、表現や言葉遣いによって、読み手が受ける印象は変わってきます。

例えば、次の2つの文章からはどんな印象を受けますか?
白澤伊幸

A 「この育毛剤には国内最大濃度のミノキシジルを配合しています。」
B 「育毛はもう我慢の時代じゃない。今こそ、本当の自分を取り戻そう。」

同じ事実であっても、Bのように気持ちが入った文章の方が読み手の感情は動きやすく、読み手に強いメッセージを届けることができます。

このように、文章が伝えるのは情報だけでなく、その文章に込められた感情や思いも読み手に伝えているのです。

では、どうすれば気持ちの込もった文章を書く事ができるでしょうか?

読み手の心に届く文章をつくる方法

白澤伊幸

まず、文章が読み手の心に届くかどうかは、文章を書く人の姿勢によります。

文章を書く時には、ただ情報を伝えるだけでなく、読み手に「どんな感情を持ってもらいたいのか?」 、読み手に「どんな感情を伝えたいのか?」 を考えながら書くことが大切です。

そして、読み手に合った適切な言葉や表現を選んで、文章を書いていきましょう。

もう一つ大切なのは、読み手が共感できるような文章を書くことです。
読み手が共感できない文章は、読み手の心に届きません。

白澤伊幸

例えば、今流行りの自動調理してくれる家電の広告例を見てみましょう。

A 「200を超えるレシピをボタン一つで完了する最新の調理家電」
B 「ほったらかしの時短調理で、仕事や家事に奮闘するアナタをサポート」

Aのようなキャッチコピーは、商品の品質や技術力など、顧客と直接関係のない点を強調した表現が用いられているので、顧客は共感しづらくなります。

一方、Bのように読み手の悩みや欲求に寄り添い、解決策やサポートを提供するような表現が用いられていると、顧客が共感できるキャッチコピーとなるのです。

広告は、顧客との心のつながりを大切にしなければなりません。共感できるキャッチコピーは、あなたと顧客との信頼関係を構築するためにも有効な手段となります。

今回のまとめ

この様に、顧客に刺さるメッセージでは、気持ち(感情)を伝えることで、顧客の感情に訴えかけているのです。

そういったメッセージを作るには、顧客の悩みや欲求に寄り添い、解決策やサポートを提供するという意識が重要です。

また、顧客に合った適切な言葉を選ぶことで、顧客に伝わりやすくなります。

これらができていれば、顧客は「自分のことをわかってくれている」と感じて、購入へと結び付いていきます。

あなたのビジネスでも、気持ちを伝えるメッセージを作ることで、売上アップが図れるでしょう。

そんなお話をしました。

これからも、コピーライティングという「魅力的なスキル」についてご紹介していきます。

興味のある方は、ぜひ次の記事も読んでみてください。

あなたも
「コスパ最強」のスキルを身に付けて、
一緒に人生を変えていきましょう!